和声を通信で学びましょう
和声・対位法を、インターネット・郵送で、対面せずに、東京芸術大学卒業の講師から、安心して学べる

このような、和声・対位法の学び方があったら、受講したいと思いませんか?

  • 学校の試験に、和声の科目がある
  • 近くに、和声を教えてくれる先生がいない
  • 和声をきちんとマスターしたい
  • 独学で和声を学んでいるが、コツがわからない
  • 和声・対位法の学習を、挫折してしまったことがある
  • 和声ー理論と実習ーの第3巻まで、やり遂げていない
  • 講師と対面せずに、添削を受けたい
和声の通信講座は、このようなお悩み・ご希望を解決できます。

選ばれる3つの理由

  • 東京芸術大学卒業の講師イメージ

    東京芸術大学卒業の講師

    和声の学習をきちんと行うには、正しく添削できる講師を選ばなくてはなりません。東京芸術大学作曲科卒業の講師・作曲家が、和声の添削、総評の作成を担当しますので、安心して高度な段階まで和声を習得することができます。

  • 第3巻まで、さらにその先まで対応イメージ

    第3巻まで、さらにその先まで対応

    和声の学習は、和声ー理論と実習ーの第3巻まで終えて、一区切りつきます。さらに、その先にも、学ぶべき和声があります。多くの方が第1巻まで、あるいは進んでいても第2巻で挫折してしまうことが多く、音楽を専門とする学校(音高・音大)でも、第1巻・第2巻で学習を終えてしまうことが多いのが現状です。当教室では、第3巻まで対応し、さらにその先の和声課題が実施できるよう、進めていきます。

  • 丁寧な添削イメージ

    丁寧な添削

    添削するにあたって、ルールに反していたり、音楽的に豊かにできる箇所を、細かいところまで、丁寧に拝見いたします。独学では、学べないコツも多く学びます。また、総合的な講評・次回までに行うこと・アドバイスを、説明する総評がつきます。これにより、受講者様は、迷うことなく、学習を進めることができます。

レビューをいただきました

  • 講評

    早いご対応と、ご丁寧な講評、ありがとうございます。お心のこもった言葉に励まされ、喜んでおります。

  • 口頭よりも身につきやすい

    教え方が、とても丁寧なので、口頭よりも身につきやすいと、思っております。

  • 通信の受講は安全

    この時期、通信でのご指導は、対面しないので、安全に進められます。

プロフィール

講師のプロフィール

東京芸術大学作曲科を卒業し、
在学中から指揮者・作曲家のアシスタントとして伴奏・編曲、
音楽出版社にて楽譜の製作、
高等学校の音楽科講師(教員免許保有)を経験しております。

制作作品は、ラジオなどの放送で紹介され、
音楽出版社から出版、CDに収録され、
中学生、高校生、および様々な団体によって
演奏されております。

(男性講師です。)

放送
2016.01.26 TBSラジオにて取り上げられる
2016.01.18 TBSラジオにて取り上げられる
2016.01.11 TBSラジオにて取り上げられる
2016.11 TBSラジオにて取り上げられる
他にも、折々に作品が取り上げられる

楽譜・CD
2016.10 音楽之友社「教育音楽」
2016.03 音楽之友社「教育音楽」
2015.08 音楽之友社「教育音楽」

プロフィールイメージ

特徴とこだわり

  • 郵送・メールなど、様々な媒体で添削ができます

    五線紙に和声課題を実施し、普通郵便あるいはレターパックにて、郵送していただく方法が一般的ですが、コンビニエンス・ストアでスキャン、ファイルをメールに添付して、送付していただくこともできます。他にも、こんな方法で、受講したい、というご希望がございましたら、お知らせください。できる限り、対応したいと思います。

    郵送・メールなど、様々な媒体で添削ができますイメージ
  • 適切な進行管理

    当講座では、第1巻・第2巻・第3巻まで、やり遂げていただくわけですが、毎回、どの課題を実施すればよいか、どこを直せばよいか、を明確にお知らせいたします。分量も、1回の添削に対して、多すぎず、少なすぎず設定いたします。また、各章ごとの学習目的がしっかりと身につくような計画を持ちながら、進めていきます。

    適切な進行管理イメージ
  • 作曲・楽曲分析・アナリーゼ・演奏に活かせる

    和声を身につけると、作曲の基礎になりますし、楽曲分析(アナリーゼ)ができるようになり、演奏にも活かすことができます。和声感を伴った演奏は、とても大切ですが、これができるようになります。

    作曲・楽曲分析・アナリーゼ・演奏に活かせるイメージ
  • 音を思い浮かべるスキルが身につきます

    和声の実習を進めながら、音符の音が頭に浮かんでくるように、訓練を行っていきます。訓練方法は、受講の際にお伝えしますが、このスキルが身につくと、楽器・鍵盤を弾かなくとも、音が想像できるようになります。特に、作曲・編曲される方に、お役に立つスキルですので、受講中にぜひ身につけてください。

    音を思い浮かべるスキルが身につきますイメージ

今、お申し込みされた方へ、プレゼント!

https://lesson-online.com/hscms/wp-content/uploads/903807_s.jpgイメージ

和声・対位法の通信講座が、初回のみ、無料。

和声・対位法の通信講座・通信レッスンを、どんなものか体験していただくために、初回の受講料金は、いただきません。

¥0

お電話での予約も可能です 03-5607-4833

満足保証を用意しています

もしも内容にご満足いかなかった場合、
全額返金とさせていただきます。
あなたにリスクは一切ございません。ぜひこの機会にお試しください。

よくある質問

  • どんなことを学ぶのですか

    和声のコツ・学習内容・応用などを、
    Twitterのこちらのページに、
    随時掲載しております。
    https://twitter.com/HarmonyLesson
    どうぞご覧ください。

  • 入会金はかかりますか?

    入会金など、受講料以外のお代金は、いただいておりません。
    (受講者様からこちらに郵送する時の送料は、ご負担願います。)

  • どんな方が受講されていますか

    趣味で学ばれている方
    作曲をしており、和声が必要になり、あらためて学ばれる方
    音楽大学の大学院の受験科目に、和声があり、対策されておられる方
    東京芸術大学の楽理科を目指し、受験科目にある、和声の対策をされる方
    音楽大学を卒業し、和声の重要性に気づいて、もう一度、学び直される方
    和声の数理的なところに興味をお持ちになっておられる方

    など、いろいろな目的をお持ちの方がおられます。

  • 教室について詳しく知りたい

    教室のホームページは、以下の通りです。
    参考になさってください。
    http://matsue-music.com/

  • 通学で学ぶことはできますか

    はい。2020年6月から、通学をご希望される方を、受付いたします。
    ただし、人数に限りがございますので、お早めにご連絡をください。
    参考ページ
    http://matsue-music.com/theory/harmony/

今、お申し込みされた方へ、プレゼント!

https://lesson-online.com/hscms/wp-content/uploads/903807_s.jpgイメージ

和声・対位法の通信講座が、初回のみ、無料。

和声・対位法の通信講座・通信レッスンを、どんなものか体験していただくために、初回の受講料金は、いただきません。

¥0

お電話での予約も可能です 03-5607-4833

PAGE TOP